治療、対処法

リウマチの痛みが増す時の諸条件と予防法

 

よくリウマチの人は「○○な時に痛みが増す」ということを言いますよね。

では、どんな条件の時に痛みが増すのでしょうか?

 

実際、僕がリウマチを患っていた期間で痛みが増したのは以下のいずれかの条件が揃った時でした。

 

リウマチの痛みが増す条件

 

1)寒さ,冷え

2)ストレス

3)怒りなどの激しい感情

4)風邪

5)特定の食べ物の摂取

6)気圧の変化、雨天

 

ひとつ一つ詳しく書くと長くなるのでそれは別の時にしますが、上記の条件のいずれかにある時は痛みが増していましたね。

 

このうち、気圧の変化や天候は自分ではどうしようもないことなので仕方ありません。

それに僕の場合、1~5の条件下での痛みに比べれば、気圧や天候からくる痛みは些細なものでした。

 

問題なのは1~5。

リウマチ患者なら、ここは絶対避けたい部分だと思います。

 

ただ、1~5は自分の心がけ次第である程度回避することが可能なんですね。

 

発生条件による痛みの特性の違いを知る

 

原因がわかっているなら、それに対応すればいい。

そうなんです。

 

そうすると、ひどい痛みに悩まされなくて済む。

これは救いですね。

是非とも対応したいものです。

 

でも、実はここでちょっと問題があります。

痛みの発生に時間差があるため原因がわかりづらいものがあるんですね。

 

それが、「ストレス」、「激しい感情」、「特定の食べ物の摂取」の3つなんです。

 

「寒さ」や「冷え」、それに伴う「風邪」などの条件下では、比較的痛みは早く表れるので、原因もわかりやすく早期に対応しやすい。だから、今後の対策も考えられます。

それに比べ、「ストレス」や「激しい感情」、「食べ物」が原因からくる痛みは表面化するのに時間がかかるんですね。

 

症状が悪化するのに1日~数日かかるので、何が原因だったのか注意していないとわからなくなってしまうんです。

 

おまけにどれがストレスだったのか?

根底にある何が原因で激しく感情を揺さぶられているのか?

どれが何を食べてそうなったのか?

 

これが非常にわかりづらいわけです。

 

痛みを増す原因の中に改善への大きなヒントがある

 

特に、目に見える食べ物より、ストレスや激しい感情の奥底にある『考え方の癖』は深くよーく考えなければ見えてきません。

これがとてもくせ者なんですね。

 

しかし、結論から言うと、これがわかりだすと一気に回復に向かいます。

僕はこの謎が解けた後、数週間で痛みがなくなり、炎症値も一気に平常(CRP 0.08)に戻り、快適に日常生活を送れるようになりました。

 

 

すべての物事は表裏一体です。

リウマチ改善のヒントもその痛みの中にあります。

 

 

だから、まずは痛みが増す原因を冷静によく見つめてみてください。

人は過ちを認めたくなかったり、変化を嫌うものです。

また、気づいても勇気を持てなかったりします。

でも、そこから目を背けていては完治はありません。

 

今の状態から脱出したいなら、今まで通りの考え方や生活習慣を変える必要があります。

「ひょっとしたら」という心当たりがあれば・・・それを深く見つめていってください。

 

痛みは完治への道しるべ。

きっと、そこから完治への道が開けますよ。

 

リウマチの原因を考えてみた さて、関節リウマチと診断されてしまったものはしょうがない。 不治の病と宣告され、どれだけ「イヤだ。認めたくない」と泣こうが...
リウマチ改善ブログ 完治へGO!GO!

リウマチで悩む方に何か少しでも役立てればと思い、自身がリウマチ闘病の3年間で経験した完治までの経過や効果のあった治療法・失敗例、また参考になった情報、勇気づけられた言葉などを一つづつ公開していきます。あなたが少しでも改善されることを祈って。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です