発症から経過

リウマチ診断結果を受けて、新たな旅立ちへ

 

「リウマチは不治の病です」「一生治りません」という診断を受けた後も、特に他に方法も思いつかず、しばらくはその総合病院に通っていました。

とりあえず、痛み止めの薬だけでももらわないと体中が痛くてたまらなかったんですね。

病院に行けば、薬がもらえる・・・とにかく、これだけが救いだったわけです。

 

まるで、麻薬患者ですね(苦笑)

 

でも、毎回診察までに2時間くらいの待ちは当たり前。

おまけに診察時間は指や膝の具合を簡単に見るだけで2~3分で終了。

あとは薬の量の増減を決めるだけ。

 

これが数カ月続きました。

 

たぶん、治らないと思っているから先生も他にやりようがないんでしょうね。

骨に変形が出てきたり、どうにも痛みが治まらないようだと、手術や注射をするという、いわゆる症状の抑制をメインにした対応だったんじゃないかと思います。

 

ただ、2~3時間待たされて、わずか数分の診察だけ。あとは進行具合で手術か注射っていうのが僕はどうにも納得できなかったんですよね。

別に悪い先生じゃないんだけど・・・

 

数分の診察のために、毎回数時間(病院の往復を含めると4~5時間)無駄にすることや最初から治せないという前提で診察する対応。また、このままだといずれ骨が変形して手術を繰り返すことになるのに、黙って指をくわえて見ているだけの自分・・・

そういったことに「これって、どうよ?」って思いだしたわけです。

 

「僕にも仕事があるし、これからの人生だってある。やりたいことなんてまだまだ山盛りだ。それなのにこんな負け犬みたいに、やり過ごすだけでいいのか?」と。

そうやって悶々とした日をいくつか過ごす中で、徐々に絶望の淵からファイティングポーズを取るようになり、最終的に信頼できる仲間からの「絶対他にいい病院やいい方法があるはず。探すべきですよ」という言葉が最後のプッシュとなって、リウマチ完治への道に踏み出す決心をしたわけです。

 

まず、ここが大きな運命の分かれ道でした。

 

幸い僕は「一生治らない」「不治の病」と言われても、どこか信用していないところがあったんですね。

今思えば、心のどこかで「俺は違う」とあきらめてなかったのが救いだったと思います。

希望がないと努力もしないし、改善もしていけませんからね。

 

だから、今ショックを受けていたり、あきらめかけている人は、まず否定的な意見はまともに鵜呑みにしないことが大事。

だって、ネットで探したり、本を読んだりしても、僕以外にもリウマチが治って元気に生活している人はたくさんいますからね。

 

「不治の病」などと宣告されると、普通はそれで思考が止まっちゃうんですよ。

だから、行動ができないようになる。

でも、事実を見ることです。

 

そこに割く時間を作る。

まずはここから始まると思います。

 

とにかく、そうやって僕は完治への道を踏み出しました。

そうすると、面白いものでいろんな助けや情報がはいってくるんですね。

 

夢抱く人のところには希望あり。

これを実感させてくれたのもリウマチのおかげでした。

 

リウマチの原因を考えてみた さて、関節リウマチと診断されてしまったものはしょうがない。 不治の病と宣告され、どれだけ「イヤだ。認めたくない」と泣こうが...
リウマチ改善ブログ 完治へGO!GO!

リウマチで悩む方に何か少しでも役立てればと思い、自身がリウマチ闘病の3年間で経験した完治までの経過や効果のあった治療法・失敗例、また参考になった情報、勇気づけられた言葉などを一つづつ公開していきます。あなたが少しでも改善されることを祈って。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です