推薦本、医院

リウマチ推薦本 「鏡の法則」野口嘉則

 

本日紹介する本はこちら。

 

 

メンタル講師の野口義則先生が書かれた「鏡の法則」です。

 

帯にも書いてあるように、泣きます。

ハンカチの用意をしておいてください(笑)

 

『自分の心の現象が現実を創り出している』

今の自分に起こっている現象は自分自身の考え(想い)が創り出している・・・これを自分が認められるかどうか。

これは、これからの人生に大きく左右します。

そして、ここに書いてある話はリウマチにも大きく関係しています。

(先日このブログでも書いたリウマチの因果に「ピン」ときた方は、特によくわかるでしょう)

 

リウマチの因果関係 斎藤一人さんの衝撃の言葉 総合病院でリウマチの診断を受けたその半年後から、鍼治療院に通い出し、徐々に調子が良くなりつつあった頃。 風邪をこじらせたの...

 

僕は無信教です。

そして、あまりスピリチュアルに偏り過ぎるのは好きじゃありません。

ですが、見えないものの存在を信じれるか、また意識できるかは、その人の生き方に大きく影響を与えると思います。

 

実際今でも僕たちは、電気や電波、空気など人間はたくさんの見えないものの存在から恩恵を受けて生活しています。

細菌も粒子も、音も見えないんです。

だから、見えないものを信じないなんてナンセンス。

そう考えれば、「想い」や「念」も単に見えないからと言って無視することはできないんですね。

 

この本に書いてある話は奇跡のような実話ですが、実際自分の周りでもこういう不思議なことは日常でもたくさん起こっています。

敏感な人ならきっとわかるでしょう。

 

実は、僕はこの本をリウマチになる十年くらい前に読んでいます。

そして、今回このブログを書き始めた頃に何かに誘われるようにまた読み返しました。

その時の感想は、「あ~、もっと早い時期に読み返していれば、リウマチの完治も早かったのに」というものでした。

それくらいこの本にはリウマチ改善に関する大きなヒントが書かれています。

 

難しい言葉もなく、本を読むのが苦手な人でも、1時間もあればさっと読める内容ですし、あとがきにあるワークショップは誰にとってもすごく有効なのでおススメです。

絶対に損はありません。

きっと、あなたも大事な何かを感じることができますよ。 是非。

リウマチ改善ブログ 完治へGO!GO!

リウマチで悩む方に何か少しでも役立てればと思い、自身がリウマチ闘病の3年間で経験した完治までの経過や効果のあった治療法・失敗例、また参考になった情報、勇気づけられた言葉などを一つづつ公開していきます。あなたが少しでも改善されることを祈って。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です