治療、対処法

リウマチの痛み解消法 その② ストレスを軽減する

 

リウマチの痛みの元っていくつかあるんですが、その中で今回は「ストレス」について書いてみたいと思います。

 

僕が療養中だったころを振り返ってみても、ストレスはリウマチの痛みに大きく関係してました。

 

実はストレスって、ちょっと厄介なんですよね。

 

なぜって、レスポンスが遅いんです。

時間差で痛みが襲ってくることが多いんで、それがストレスが元凶だって気付かないんですよ。

 

また、習慣になっていると、慢性化している可能性もあるんですね。

 

普段から日記や手帳を毎日つけている人は、出来事や感情が記録に残っているので、それを探ればまだ比較的わかりやすかったりするんですが、そういう習慣がない人は意外とわからないままだったりします。

だから、リウマチの人は自分の日常の行動や思考にも、よく注意を払う必要があるんですね。

 

自律神経を正常に戻すことが痛みの軽減につながる

 

以前、リウマチは自律神経の異常から発症しているってことは、このブログにも書きました。

詳しくはこちら↓

リウマチ改善に向けて発症の原因を知ることの重要性 リウマチを完治させる上で、リウマチになった原因を突き止めることは非常に重要です。 なぜなら原因がわからなければ対処のしよう...

 

ストレスがひどいと、この自律神経が正常に働いてくれないんですね。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があって、何かを頑張っている時や集中している時は交感神経が、また休んだり、リラックスしている時は副交感神経がそれぞれ働いています。

ですが、ストレスがひどいと常に緊張しているような状態が続き、その結果副交感神経が働かず、ずっと交感神経が稼働するような状態になります。

すると、交感神経がマヒしてしまって、本来自分の体を守るために動かす免疫反応を誤って、自分の細胞を攻撃させるために使用してしまったりするんですね。

 

これが積もり積もって、関節の痛みとなって現れるわけです。

 

だから、痛みから解放されるには自律神経を正常化に戻す必要があります。

そのためにも、リウマチの人はできる限りストレスからは自分の身を守るように心がけた方がいいと思います。

 

リウマチは自分の習慣を変えるチャンス

 

僕は会社を経営しながら、全国の企業で販売研修の講師をしていますが、リウマチだった期間はそれまでにも増して新しいことにチャレンジすることがたくさんありました。

 

特に、多くの人の前で講演や研修をするといった仕事が増えてきたころだったので、その分プレッシャーも結構あったんですね。

 

ある時は、誰もが知っている大手企業の本部で東南アジアのトップ販売員を数十名集めて、その前で研修したり、またある時は、商工会議所で自分より年配の地域の盟主の人たちばかりの前で講演したり・・・そして、東京ビッグサイトのイベント講演では数百名を前に登壇するといったような機会がちょこちょこ増え出したんです。

 

僕は人前で話すのは、さほど緊張しないので本番は何とかなるんですが、問題はその前。

講演用のスライド作成・企画・構成・コンテンツなどを考える時。

 

実は、この時にかなりパワーを要していたんですね。

 

今考えると、その根源には「絶対にみんなを納得させるものにしたい」とか、「カッコよく見せたい」、「期待に応えたい」といった感情がありました。

 

まあ、講演業が軌道に乗り出した時でしたからねぇ。

「失敗したくない」という思いから、気負いもあったんでしょう。

何時間も部屋に籠って考えたり、何日も資料を整理したりして、毎日結構なストレスだったと思います。

 

そんな状況でしたから、講演までは何とか頑張れても、その後の状態がひどい;

次の日、ホテルからの帰りはまともに歩けなかったり、その後1~2週間くらいは調子が悪かったり・・・緊張から解放された後はとにかくひどいものでした。

 

そういったことを何回か繰り返すうちに、「こんなんじゃ、この先続けていけない」と思い、その後はできるだけストレスを抱えないように考え方や取り組みを変えていったんです。

おかげで今ではすっかり慣れたこともあり、それほど以前のように気負わなくてもこなせるようになりました。

 

またその時、同時に会社の業務も大幅に社員に任せることにした結果、自分の負担が軽くなったこともストレスからの解放をより加速させたんじゃないかと思います。

 

リウマチが教えてくれる自分の悪しき習性

 

以上のことから、僕の場合、「抱え込み過ぎ」、「完璧を目指し過ぎ」、「頑張り過ぎ」といった習性がストレスを生んでいたということがわかったんですね。

 

それからは、この「○○過ぎ」という「過ぎ」を取っ払うこと・・・これを日常生活でも意識するようになりました。

 

すると、不思議と他にも色々見えてくるんですよね。

「あ~っ、俺って結構無理してること多いよなぁ」って。

同時に「錯覚(思い違い)しているよなぁ」と思うことも多々出てきたんですね。

 

そう。

リウマチになったおかげで、自分の悪しき習性がクローズアップされてきたんです。

 

今はそれを一つづつ改善中です^^; (まあ、癖になってますからねぇ。中々完璧とまではいかないです。ハイ;)

 

ちょっと、自分の話が多くなってしまいましたね。すいません(_ _)

 

 

でも、これを読んで「あっ!」と思った人は、今はそれを改善するチャンスかもしれませんよ。

自律神経を正常化する上でも、人生をより良いものにするためにも現状のストレスを軽減することは大事ですからね。

 

今の時代、すべてのストレスをなくすというのは難しいことだと思いますが、できることから少しづつでも改善されることをおススメします。

 

そうする中で今まで「絶対に必要」と思っていたことや価値観が、冷静に見たら意外とそうでもなかった・・・なんてこともあると思います。

 

そして、それに気付けたらしめたもの。

痛みを卒業し、リウマチの改善にグッと前進することと思います^^

 

 

ということで、今後ストレスを軽減させることも、是非意識してみてくださいね。

 

リウマチはバージョンアップするチャンスでもありますよ。

一緒に頑張っていきましょう!

リウマチ改善ブログ 完治へGO!GO!

リウマチで悩む方に何か少しでも役立てればと思い、自身がリウマチ闘病の3年間で経験した完治までの経過や効果のあった治療法・失敗例、また参考になった情報、勇気づけられた言葉などを一つづつ公開していきます。あなたが少しでも改善されることを祈って。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です